語学キング

語学マニアが最強の勉強法を伝授します

放浪中に出会った残念な日本人バックパッカー

皆さんこんにちは、私は20代の頃に東南アジアやインド、ヨーロッパなどをバックパッカーとして旅したことがあります。旅関連の記事については以下をご参照ください!

natsbar.hatenablog.com

natsbar.hatenablog.com

 

 

本日の記事では私が旅をした経験から、旅中に出会った残念な日本人バックパッカーの特徴についてまとめたいと思います。旅をした経験のある方に少しでも共感していただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

〇〇は行かなくていいと言っちゃう

放浪中に出会った人同士で自分が行った国や都市についての情報を交換することはよくあります。しかし、私が残念だと思うのは、聞いてもいないのに自分が行った国や街のネガティブな情報を言い、〇〇は行かなくていい!と決めつけてしまう人です。


特に興味のない場所であれば「そうなんだー」くらいで流せるのですが、その場所が自分が行こうと計画していたり、行きたいと思っていた所だった場合、すごくモヤモヤするんです。


人それぞれ価値観は違うし、興味があるもの、感動するものは違うはずなのに、会って間もない人に自分の価値観を押し付けられている感じがしてして、なんか残念な気持ちになってしまいます。

 

 

 

 

 

地元の人を馬鹿にする

発展途上国を旅していると、たまに地元の人達をバカにしてるなーと感じる人を見かけることがあります。例えば、物売りをしている人に「おまえらしつこいー」といったり、現地のタクシーの運転手などにあきらかに偉そうな態度をとったりと、、、

 

自分が日本人で現地の人よりも裕福だからか、現地の人に上からの態度で接する人がいます。そんな人を見ると日本人として恥ずかしいし、とても残念だなと感じます。

 

その国に行く以上、その国の文化や地元の方たちを尊重する心が必要だと私は思います。

 

 

 

 

 

危ない目にあった自慢をする

旅をしていると、様々なトラブルや危険な目にあったという人に多く出会います。「こんな人がいるから気を付けて」という警告のために話してくれる分にはありがたいのですが、危ない目に合っていることを武勇伝のように自慢してくる人がとても多いです。


話を聞いてみると、「野宿してたら〜」とか「道で会った人の家ついてったら〜」とか、あなた危機感なさすぎじゃない!?と思うエピソードが多く、そうゆう軽い行動を取る人が多いから、日本人はカモにされるんだよ!と怒りすら覚えてしまいます。

 

 

 

 

 

英語が話せない

旅をしている人の中には英語があまり話せないという人も多いです。英語ができなくても、ゲストハウスやレストランのやり取りくらいであれば簡単なフレーズや単語のみで乗り切ることができてしまうからです。


しかし、英語ができないと、様々な場面で詳しい説明が理解できなかったり、出会った人と深い話ができなかったり、と不便なことが多くでてきます。


せっかく海外に長期間いても、日本人を探しては仲良くなり、結局友達になれたのは日本人だけ、という残念な結果になってしまいがちです。

 

 

 

 

 

安く値切ったもん勝ちだと思ってる

海外の市場などに行くと、値段がちゃんと決まっておらず、その場で値段を聞いて買うといった場面が多くあります。旅人の中には貧乏旅行をしていて、とにかく少しでも安い値段で物を買おうとする人がいます。


「損したくない」「騙されたくない」という気持ちはわかりますが、値切りすぎて現地の人を困らせてはいけません。ある程度の値段交渉は必要ですが、行き過ぎた値切りは現地の人にとても失礼です。

 

私は、たとえ現地の人よりも高い値段を払っていたとしても、自分がその物にそれだけの価値があると思えば払ってもいいと思います。現地の人にも生活はあるし、商売としてやっているので、それをリスペクトする気持ちも大切です。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。本日の記事では私が放浪中に出会った残念な日本人バックパッカーの特徴についてまとめてみました。少しでも共感していただけたら嬉しいです。今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆


 


 


 


 

英語で旅行は?【trip, travel, journeyの違い】

皆さんは英語で「旅行」と言いたいときに何と言いますか??「travel」という単語が浮かぶ方は多いと思います。


旅行という意味の単語は「travel」の他にも「trip」「journey」などがありますが、これらの単語の明確な違いを知らない方が多いと思います。本日の記事では「旅行」という意味の単語「travel, trip, journeyの違い」についてまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

 

Trip

「trip」は短期間の旅行を意味する単語で、行き先や目的がはっきりしている旅行に使われることが多い単語です。例えば、「Field trip(遠足)」「School trip(修学旅行)」「Business trip(出張)」などすべて目的がはっきりした場合ですね。


また、「Trip」は名詞なので、文中では「Go on a trip to~」「Take a trip to~」のような形で使われます。

 

 

 

 

 

Travel

「Travel」という単語は「旅行」 の意味で一番一般的に使われている単語です「Trip」 と比べると、長期間で遠い旅行という意味があります。また期間が分からない場合や、趣味としての旅行を表す場合もこの単語が使われます。


また、品詞でみると「travel」は動詞として使われることが多いです。以下の例文をご覧ください。

 

・We are planning to travel to Okinawa next summer.
私たちは来年の夏、沖縄へ旅行に行く予定です。

I’ve never traveled abroad.
私は海外を旅行したことがありません

 

 

 

 

 

Journey

「journey」は基本的に、ある場所から他の場所への移動期間を表す単語で、旅の道中やそのプロセスなどを表したり、長い時間や道のりだったというニュアンスを含みます。旅行というよりは日本語でいう「旅」に近いニュアンスとなります。


また、journeyは以下の例文のようには名詞として使われます。


・Life is a journey.
人生とは旅である。

・How long did your journey take?
到着するまでにどれくらいかかったの?

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。本日の記事では「旅行を意味する単語 travel, trip, journeyの違い」についてご紹介させていただきました。内容をまとめると以下の通りです。

 

travel:一般的な旅行(動詞)
trip:短い旅行(名詞)
journey:長い旅(名詞)

 

英語で旅行の話をするときは意味の違いを意識して、使い分けてみてください!今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本 [ 長沢 寿夫 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/11/29時点)

楽天で購入

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英単語の語源図鑑 見るだけで語彙が増える [ 清水建二 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/11/29時点)

楽天で購入

 

残念なワーホリにならないための4つの心得

コロナ禍で約2年半、海外に行くのが難しい時期がありました。しかし、最近では海外渡航が解放され、このタイミングでワーホリを利用して海外に行こうと計画している人も多いのではないでしょうか。


私は以前ニュージーランドと韓国にワーキングホリデーで行った経験がありますが、現地で出会った日本人の中には「なんでこの人はワーホリに来たんだろう?」とか完全に時間を無駄にしてるなー」と思うような残念なワーホリをしている人が意外と多くいました。


そんな残念なワーホリにならないように、本日の記事ではワーホリに行く前に是非知っておいたほうがいい4つの心得についてご紹介させていただきます。「有意義なワーホリ生活を送りたい方」「ワーホリ生活を通して確実に成長したい方」に読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

なりたい自分を具体的に思い描く

ワーホリでの経験を価値のあるものにしたいなら、まずは「なりたい自分を具体的に思い描く」ということが大切です。


これはよく言われる「目標を明確に」と似ていますが、少し違います。目標と言われると「英語をマスターする」などのようにありがちなフレーズを並べてしまい、あまり自身の目標として意識し続けることが難しくなってしまいます。


やっていただきたいのは、自分がどうなりたいか、つまり理想の自分の姿を思い描くことです。例えば、「外国人のパーティーに参加して友達に囲まれている姿」「カフェで働き、注文を取っている姿」「バーで英語を使って女性をかっこよく口説いている姿」などです。できるだけ具体的に思い描き、それをいつも目にするところに書き留めておいてください。


そうすることで、その理想の自分に近づくには今何をするべきなのかを考えるようになり、自然と行動することができます。

 

 

 

 

 

日本で英語を勉強しておく

ワーホリに行く予定の方に必ずやっていただきたいのが「日本で英語を勉強しておく」ということです。


よく海外に行けば話せるようになると思って、日本では何もやらずに現地で「英語の知識はほぼ0です」と言っている人を見かけます。しかし、このような人がワーホリ中に英語を習得できるのはかなり難しいです。


例えば英語のレベルを1~10で表すとします(1が一番低くて、10がネイティブレベル)。ワーホリに1年いったからといって、レベル1から10まで上げることは不可能です。7、8に上げるのもかなり難しいでしょう。


さらに知っておいてほしいのが、レベル1~3の初級の人は「参考書を使って基礎単語や文法を覚える」といった勉強法が必要だということです。このレベルの人が、ネイティブに英語で文法を習ったり、グループレッスンでフリートークをしてスピーキング力を伸ばそうとしたりするのは非常に効率が悪い勉強法になってしまうのです。


そのため、日本でいかに英語力を上げておくかということが重要で、元の英語力が高ければ高いほど現地での伸びも期待できるのです。

 

 

 

 

 

 

留学エージェントは利用しない

私はワーホリに行くのに留学エージェントを利用しないことをおすすめします。エージェントを利用すると、ビザをとってくれたり、語学学校を斡旋してくれたり、仕事を紹介してくれたりと、色々便利だと思い利用する人は多いです。

 

しかし、エージェントがしてくれる事はすべて自分でできることばかりです。私はむしろこれらのことを自分でやることによって学べることは多いと思います。

 

ビザを取るために英語のサイトを読んだり、英語のメールでやりとりしたり、また、仕事を探すためには、現地の求人サイトを調べてみたり、自分の足で周って店に飛び込みで話をきいてみたりすることもできます。


そんな経験を通して語学はもちろんのこと、その国を知ったり、人と出会ったりすることにもつながります。単にエージェントを利用してしまうことで、せっかく海外にいるのに、学校も職場の日本人だらけ、という日本人コミュニティーから抜け出せないというデメリットが生じることもあります。

 

 

 

 

 

 

日本人とばかりつるまない

これはワーホリに行く人の永遠の課題とも言えます。せっかく海外で生活しているのに、日本人とばかりつるんでいては意味がありません。しかし、やはり現地では日本人とばかり遊んでいる人はかなり多いです。


慣れない環境に長期間住むというのは想像以上にストレスがたまり、孤独を感じてしまうことも多いです。そんなとき、やはり日本語で話せる人の存在がありがたく、日本人に居心地の良さを感じてしまうものです。


日本人と全く話してはいけないというわけではありませんが、海外にいるなら、やはりその国でしか出会えないような人と少しでも多く交流することをおすすめします。意志が弱くて楽な方に流されてしまうという人は「元々日本人が少ない街に住む」「外国人とルームシェアする」など外国人と関われる環境に身を置いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。本日の記事では私がワーホリにいった経験から「残念なワーホリにならないための4つの心得」についてご紹介させていただきました。

 

これらのことを少しでも意識しておくだけで、1年間のワーホリ生活は大きく変わってくると思います。皆さんのワーホリが少しでも充実した、良い経験になることを祈っています!今後も海外に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

 

フィリピン主要都市まとめ

語学留学や海外移住先としてフィリピンの人気が年々上がってきています。フィリピン留学のメリットについては以下の記事でご紹介させていただきました。

natsbar.hatenablog.com

 

 

本日の記事では「フィリピンの主要都市まとめ」ということでフィリピンの主要6都市の特徴をまとめてみました。

 

「フィリピン留学でどこの都市に行くか迷っている方」「フィリピン移住を検討している方」などの参考になったら嬉しいです。

 

 

 

 

 

フィリピン基本情報

まずはフィリピンの基本情報からご紹介させていただきます。フィリピンは7000以上の島からなる島国で、主にルソン島ビサヤ諸島ミンダナオ島の3つのブロックに分けられ、そこからさらに18の地方に分けられています。

 

東京・羽田とフィリピン・マニラ間は、飛行機で約4時間30分の距離で、日本とフィリピンの時差は1時間で、日本が1時間進んでいます。

 

フィリピンは1年を通して気温、湿度の高い熱帯モンスーン型気候で、年平均気温は26~27℃です。一般的に、乾季が12月~5月、雨季が6月~11月ですが、雨期でも日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはなく、午前が曇りで午後に数時間スコールが降るといった感じです。

 

 

 

 

 

マニラ

マニラは人口1600万人を越えるフィリピンの首都です。東南アジアの中でも急速な経済成長を遂げる都市のひとつで、マニラに進出するグローバル企業も増えています。

 

インターナショナルスクールも豊富にあるので、教育環境も整っています。日本製品日本食を提供するお店もたくさんあるので、手に入らないものはほどんどなく、便利な生活が送れます。


進化していく大都市に住みたいという方はマニラがおすすめです。ビジネスレベルの英語力があれば、仕事を探すのも可能です。

 

 

 

 

 

セブ島

セブは日本人にとって最も人気なリゾートのひとつです。ホワイトビーチに珊瑚礁のすばらしさは、観光客にもダイバーにも非常に人気があります。


日本からは直行便で所要わずか4時間30分程度でいけるので、留学先や移住先として最も人気の都市です。


小さな都市ながらも、空港や大型ショッピングモール、病院など必要なものは揃っているので、不便なことはありません。

 

 

 

 

 

バギオ

バギオは標高が高いので、最高気温が26℃、最低で15℃ほどまで気温が下がるため、フィリピンの避暑地として有名な町です。


大学が多く、学園都市としても知られているバギオですが娯楽施設などわ少な目なので、勉強に集中したい方や静かに暮らしたい方におすすめの町です。

 

 

 

 

 

ダバオ

ダバオはフィリピン第3の都市で、フィリピン国内で「もっとも住みやすい都市」に選ばれたこともあるエリアです。

 

街がきれいで、犯罪件数も少ないことから治安が良いです。綺麗なビーチやフィリピン最高峰のアポ山など、自然を満喫できる環境もあり、都市の便利さと郊外の自然のバランスが良く、今後さらに発展が見込まれている都市です。


日本人の少ない環境で留学したい方、落ち着いた環境で暮らしたい方にはおすすめのエリアです。

 

 

 

 

 

バコロド

バコロドはフィリピン中部ビサヤ諸島ネグロス島にある都市です。都市自体はこじんまりとしていますが、大型ショッピングモールや飲食店も数多くあるため、生活に困るようなことはありません。

 

また、マニラやセブのような交通渋滞もなく、静かに、快適に暮らることができます。

 

 

 

 

 

イロイロ

イロイロはパナイ島南岸にある人口約50万人の都市です。「愛の街(City of Love)」とも呼ばれ、その名の通り優しくて愛に溢れた人々が住んでいるのが特徴です。


 国公立・私立併せて6つの大学があり、教育都市としても知られています。住民のモラルや教養が高く、比較的治安もいいです。


イロイロからフェリーで30分のところにあるギマラス島は、キレイなビーチがたくさんある穴場リゾートとして知られています。5月に開催されるマンゴーフェスティバルも見どころです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セブ・マニラ フィリピン (タビトモ)
価格:1155円(税込、送料無料) (2022/11/22時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まっぷるフィリピン セブ島・マニラ (まっぷるマガジン)
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/11/22時点)

楽天で購入

 


 

フィリピン留学5つのメリット

コロナも落ち着いてきて海外への入国も可能になったことから、海外留学を考えているという方も増えてきていると思います。本日の記事では、近年人気急上昇中のィリピン留学のメリットについてご紹介させていただきます。 

 

「フィリピン留学ってよく聞くけど実際どうなの?」「とにかく安く英語留学がしたい」と思っている方に見ていただけると嬉しいです!

 

 

 

 

 

安く英語が学べる

フィリピン留学の最大のメリットは、安く英語が学べるという点でしょう。フィリピンの語学学校ではアメリカやカナダ、オーストラリアとは比にならないくらい格安で英語を学ぶことができます。


学校やコースによって費用に差はありますが、1ヶ月約13万〜20万の学校が多いです。この料金には授業料に加え、滞在費や食費もパッケージになってるのでかなりお得です。


授業時間も1日8時間~10時間と他の国の語学学校よりも長いので、格安でガッツリ学びたいという方にはフィリピン留学はかなりおすすめです。

 

 

 

 

 

アクセスがいい

日本からのアクセスがいいという点もフィリピン留学のメリットの一つです。日本からフィリピンへはマニラとセブへの直行便が運航していて、約4時間30分のフライトで行くことができます。


ジェットスターやセブパシフィックなどのLCCも多く運行していて、格安で行けるのも魅力的ですね。

 

 

 

 

 

 

寮完備の学校が多い

フィリピンの語学学校は殆ど寮が併設されているため、自分で滞在先を探したりする必要がありません。また食事も基本的に1日3食付いているため、外食しない限りは特にお金がかかることがありません。

 

学校を申し込めば、寮や食事も付いており、またビザなどの手続きも学校がしてくれる場合がほとんどなので、面倒な手続きをすることなく留学できるのも魅力です。

 

 

 

 

 

マンツーマン授業が受けられる

フィリピンの学校ではマンツーマン授業が受けられるのも大きなメリットだと思います。


アメリカやオーストラリアなどの語学学校は、ほとんどの授業がグループレッスンで構成されています。日本人はシャイな人が多く、英語初心者でグループレッスンに放り込まれても、なかなか話すことができないという人が多いと思います。


しかし、フィリピンの語学学校は一般コースであっても半分はマンツーマン授業なので、1日に3〜4時間はガッツリ英語を話すことができる環境です。そのため、スピーキング力がグングン伸びる人が多いです。

 

 

 

 

 

学校の種類が豊富

現在、フィリピンには500以上の語学学校ごあると言われています。各学校には様々な特徴があり、自分に合った学校が選べるというのもフィリピン留学のメリットの1つです。


例えば「スピーキング特化コース」「ビジネス英語コース」「TOEICコース」など自分の目標に合わせたコースがある学校を選んだり、「海の近くに住んでみたい」「日本人が少ない学校がいい」「寮がキレイがいい」など環境で選ぶのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。本日の記事では「フィリピン留学5つのメリット」についてご紹介させていただきました。フィリピン留学に行こうか検討中の方の参考になれば幸いです。今後も海外に関する役立つ情報をお届けいたします☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セブ・マニラ フィリピン (タビトモ)
価格:1155円(税込、送料無料) (2022/11/22時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まっぷるフィリピン セブ島・マニラ (まっぷるマガジン)
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/11/22時点)

楽天で購入

 


 

英語で"Talk the talk" "Walk the talk" "Walk the walk"の意味は?

 

本日の記事では「"walk"と"talk"を使った英語の慣用句(idiom)」についてご紹介させていただきます。以下の3つのフレーズを聞いたことがあるでしょうか。それぞれの意味を解説していきたいと思います!

 

Talk the talk
・Walk the talk
・Walk the walk

 

 

 

 

 

Talk the talk

まずはtalk the talkを赤字の部分と青字の部分で分けて意味を考えてみましょう。


talk:話す(動詞)
the talk:話したこと、その話(名詞)

 

 

直訳すると、「話したことを話す」「その話を話す」という意味になります。つまり、口だけを動かすということを表し、「同じことをまた言う」「口先だけ」といった少しネガティブなニュアンスの意味になります。

 

「He always talk the talk.(彼はいつも口先だけだね)」などのように使うことができます。

 

 

 

 

 

Walk the talk

続いては"walk the talk"の意味についてみてみましょう。先ほどと同様、赤字の部分と青字の部分で分けて意味を考えてみます。


walk:歩く、立ち去る(動詞)
the talk:話したこと、その話(名詞)

 

直訳すると「話したことが歩く」「その話が去っていく(離れていく)」という意味になります。つまり、「すでに話したことを実際に行動する」という意味になり、「言ったことを実行する」「有言実行」といったニュアンスになります。

 

 

 

 

 

 

Walk the walk

では最後は「Walk the walk」です。それぞれ赤字と青字の部分の意味は以下の通りです。


walk:歩く、立ち去る(動詞)
the walk:その歩き、行動(名詞)

 

直訳すると「その歩きを歩く」「行動を起こす」という意味になります。つまり、何も話すことなく行動するということなので「言う前に実行する」「不言実行といったニュアンスになります。

 

「Don't just talk the talk. You have to walk the walk.(口先だけじゃなく行動しなきゃだめだよ)」などのように使うことができます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。3つのフレーズの意味を理解できたでしょうか。意味をまとめると以下の通りです。

 

Talk the talk:口先だけ
Walk the walk:有言実行
Walk the walk:不言実行

 

 

以上、本日は英語「talk」と「walk」を使った慣用句をご紹介させていただきました☆今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本 [ 濱崎 潤之輔 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/11/21時点)

楽天で購入

 


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英単語の語源図鑑 見るだけで語彙が増える [ 清水建二 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/11/21時点)

楽天で購入

 

英語 cannot 〜 too ... 「いくら~してもしすぎることはない」の使い方

英語で「cannot 〜 too ...」というフレーズを聞いたことがありますか?「いくら~してもしすぎることはない」という意味で使われる文ですが、日本語を見ると少し回りくどい言い回しだなと感じてしまいます。


しかし感覚を掴むと、とっても便利で使う機会も多い表現だと思うので、是非覚えてみましょう!!まずは「cannot ~ too…」の意味から詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 cannot ~ too…の意味は?

cannot ~ too…の意味は上にも書いたように「いくら〜してもし過ぎることはない」となりますが、日本語で分かりやすく言うと「どんなに〜しても構わない」「いくら〜しても〜し足りない」といったニュアンスになることもあります。実際にいくつかの例文を見てみましょう。

 

・You cannot be too careful when you drive a car.
車を運転するときはいくら注意してもしすぎることはない。
(→運転するときは用心するに越したことはないという意味)

 

・I cannot thank you too much.
 あなたにいくら感謝してしすぎることはない。
(→いくら感謝してもしきれないという意味)

 

・You cannot praise him too much.
彼を褒めても褒めすぎることはない
(→彼をどれだけ褒めても褒め足りないという意味)

 

「cannot ~ too…」の意味のニュアンスをなんとなく掴んでいただけたでしょうか。では次に文章の作り方についてみてみましょう。

 

 

 

 

 

cannot ~ too...の文の作り方

cannot ~ too...の文の作り方は基本的に「cannot+動詞の原形+too+形容詞」です。tooの後ろは形容詞を置くか、単に「too much」とすることもできます。

 

 

 

 

 

cannot ~ enoughへの言い換え

「cannot too much」の文章は「cannot enough」に言い換えることが可能です。上でご紹介した例文を言い換えた場合、以下のようになります。

 

I cannot thank you too much.
 →I cannot thank you enough.
 あなたにいくら感謝してしすぎることはない。

 

You cannot praise him too much.
 →You cannot praise him enough.
彼を褒めても褒めすぎることはない

 

 

 


いかがでしたでしょうか。本日の記事では英語の「cannot 〜 too ... 」の意味・使い方についてご説明させていただきました。このフレーズを使った文をどんどん作って感覚を掴んでいきましょう!今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本 [ 濱崎 潤之輔 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/11/21時点)

楽天で購入