語学キング

語学マニアが最強の勉強法を伝授します

英語学習成功の秘訣は目標設定にあり

英語学習をしている方の中で、明確な目標を設定しているという方はどれだけいるでしょうか。


あなたが英語を効率的に習得したいと考えているなら明確な目標設定をして、英語学習に取り組むことが大事です。


本日の記事では英語学習における目標設定について解説したいと思います。英語学習を始めたいという方や、今学習中であるという方は是非参考にしてみてください!!

 

 

 

 

 

目標設定が必要な理由

では英語学習において、なぜ目標設定が重要なのかについてご説明させていただきます。

 

 

具体的にやるべきことがわかる

語学学習において、明確な目標が設定されていると、具体的にやるべきことがわかってきます。


最近では、インターネット上で様々な英語学習が紹介されていています。
誰でも簡単に始められる反面、「何から始めたらいいかわからない」という声もよく聞こえます。これは目標が明確でないため、今やるべきことがわからない状態と言えます。

 

まずは自分がどうなりたいかという目標を明確にすることで、どのような学習をどれだけすればよいか、という具体的な方法が見えてきます。


例えば、「仕事で使える英語を身につけること」が大きな目標の人は、ビジネス関連のニュースのリスニングや、ビジネスフレーズの音読を習慣化したり、具体的なTOEICのスコアを決めてそれに向かって学習することができます。

 

 

 

 

モチベーションが維持できる

目標を設定することによってモチベーションを維持することができます。


例えば、漠然と英語できるようになりたいな〜くらいの感覚で英語学習を始めてしまうと、どこに向かえばいいのか明確でないため途中で挫折してしまうことが多いです。


モチベーションを維持するためにも、目標は明確にし、小さな目標を達成し続けるようにするといいでしょう。

 

 

 

 

 

目標設定のコツ

目標設定が大事といっても、どんな目標でもいいというわけではありません。目標として機能するものでなくては意味がありません。


英語学習の目標設定にはコツがあります。以下に目標設定の3つのコツをご紹介いたしますので、それを意識した目標設定をしましょう。

 

 

 

 

実現可能な目標を設定する

目標を立てるのはとても重要なことですが、その目標があまりにも遠すぎるものだと、途中で嫌気がさしてしまったり挫折してしまう可能性があります。


せっかく英語学習を始めても、なかなか目標が達成できないことに自信を無くし、英語学習から離れてしまっては意味がありません。


そのため、目標を立てるときは必ず実現可能な目標を意識するようにしましょう。


とはいえ、目指すところがかなり上のレベルだという人もいると思います。
その場合は、大きな目標を立て、その目標の前段階の小さな目標をいくつか立て、細かくステージを分けてクリアしていく感覚で、達成していくとよいでしょう。

常に「今の自分プラス1」を意識して、高すぎず、低すぎない目標設定していくとよいでしょう。

 

 

 

 

具体的な目標を設定する

目標はより具体的なものの方が達成しやすくなると言われています。そのため、目標設定する際には、自分がどうなりたいのかをできるだけ具体的にイメージして決めるようにしましょう。


例えば、「3ヶ月以内にTOEICで730点をとる」「半年後までに日常生活レベルの英会話を身につける」など具体的な期間も決めておくとよいでしょう。

 

 

 


いかがでしたでしょうか。本日の記事では「英語学習の目標設定」についてご説明させていただきました。英語学習をしたいという方は是非参考にしてみてください!今後も語学学習に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

 

「久しぶり」を意味する英語"Long time no see."の由来とは?

英語でカジュアルに「久しぶりだね~」といいたい時「Long time no see.」というフレーズがよく使われています。

 

でもよく考えたらこの「Long time no see.」という文章、文法的にどうなってるの?と思いませんか?


実はこの「Long time no see.」は、元々英語圏に移住してきた中国人たちが使っていた表現で、中国語の「好久不見(久しぶり)」という文をそのままの語順で英語に直訳してできたフレーズらしいです。

 

好久不見→Long time no see.

 

 

なんと、そんな由来があったとは…
英語学習を10年以上やってきた私も知りませんでした。

 

 

「Long time no see.」以外にも「久しぶり」を意味する表現をいくつか以下にご紹介します。これらは文法的にも正しい英文フレーズです。

 

It’s been a long time.

It’s been a while.

It’s been ages.

 

 


英語に関するちょっとして豆知識でした。今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英単語の語源図鑑 [ 清水 建二 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2024/1/17時点)

K-POP好き必見!推し活に使える韓国語フレーズ20選


今やK-POPは世界中で大人気ですね。韓国人の推しのために韓国語に興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。

 

本日の記事では「推し活に使える韓国語フレーズ」をご紹介させていただきます。
韓国人の推しがいる方必見です!いつ、どこで推しに出会っても、自分の気持ちをストレートに表現できるよう、練習しておきましょう。

 

 

 

너무 너무 좋아해요(ノム ノム チョアヨ)
めちゃめちゃ好きです

 

 

사랑해(サランヘヨ)
愛しています

 

 

응원하고 있어요(ウンヲナゴ イッソヨ)
応援してます

 

 

만나서 반가워요.(マンナソ パンガウォヨ)
会えてうれしいです。

 

 

보고 싶었어요.(ポゴシッポッソヨ)
会いたかったです

 

 

〇〇팬이에.(~ペニエヨ)
〇〇のファンです。

 

 

일본에서 만나러 왔어요.(イルボネソ マンナロワッソヨ)
日本から会いに来ました。

 

 

일본에서 만나요.(イルボネソ マンナヨ)
日本で会いましょう。

 

 

한국어를 공부하고 있어요.(ハングッゴル ゴンブハゴイッソヨ)
韓国語を勉強しています。

 

 

정말 멋있어요.(チョンマル モシッソヨ)
本当にカッコイイです

 

 

계속 기대하고 있었어요.(ケソッ キデハゴイッソッソヨ)
ずっと楽しみにしていました。

 

 

앞으로도 응원할게요.(アプロド ウンウォンハルッケヨ)
これからも応援しています。

 

 

하트 해주세요.(ハトゥヘジュセヨ)
ハートしてください。

 

 

윙크 해주세요.(ウインクヘジュセヨ)
ウインクしてください。

 

 

내 이름을 불러주세요.(ネイルムル ブロジュセヨ)
私の名前を読んでください。

 

 

결혼해 주세요(キョロネジュセヨ)
結婚してください

 

 

손 잡아주세요.(ソン ジャバジュセヨ)
手を繋いでください

 

 

안아주세요.(アナジュセヨ)
抱きしめてください。

 

 


악수해 주세요(アクスヘジュセヨ)
握手してください

 

 

심쿵(シムクン)
胸キュン

 

 

 


いかがでしたでしょうか。推しに伝えたいフレーズはありましたでしょうか。

 

推しをキッカケに韓国語をマスターできたら最高ですね。頑張ってください。

 

今後も語学に関する役立つ情報をお届けいたします〜★

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界が広がる 推し活韓国語 (推し活外国語) [ 柳志英 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2024/1/15時点)

地震に関わる英単語&英語フレーズ

日本は世界的にも地震が多い地震大国として有名です。最近は訪日外国人観光客は増えてきているので、地震が起きた時、地震について英語で説明しなくてはならない場面が出てくるかもしれません。

 

本日の記事では地震についての英単語やフレーズをご紹介いたします。備えあれば患いなしということで、緊急時に備え覚えておきましょう!

 

 

 

 

 

地震に関わる英単語

earthquake(地震

epicenter(震源地)

aftershock(余震)

magnitude(マグニチュード

Japanese earthquake scale(震度)

The meteorological agency(気象庁

power outage(火事)

evacuation(避難)

shelter(避難所)

 

 

 

 

 

地震に関わる英語フレーズ

 

地震だ!
It’s an earthquake!

 

机の下に入って、頭を覆ってください。
Get under the table and cover your head.

 

地震がありました。
There’s been an earthquake.

 

まだ揺れています。窓から離れてください。
It’s still shaking. Stay away from the window.

 

大きい揺れがくる!
There’s going to be a big earthquake!

 

建物からすぐに避難してください。
Please evacuate the building immediately.

 

コンロを止めてください。
Turn off the kitchen stove.

 

関東地方でマグニチュード5.0の地震が起きました。
A magnitude of 5.0 hit the Kanto region.

 

余震があるかもしれません。
There might be aftershocks.

 

津波の危険があります。
There’s a risk of a tsunami

 

すぐに高台に避難してください。
Please evacuate to higher ground immediately.

 

何かお困りではないですか?
Do you need any help?

 

お怪我はありませんか?
Are you injured?

 

気を付けて!
Watch out!

 

落ち着いてください。
Calm down.

 

ここは安全です。
It’s safe here.

 

 

 

 


いかがでしたでしょうか。本日の記事では地震に関わる英単語&フレーズをご紹介いたしました。


本日ご紹介したフレーズを練習しておくことで、とっさの時にスムーズに使えるようになりましょう。

 

今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

【英語学習者必見!!】語学を学習する上で大事な心得

私は今までに英語、韓国語、中国語を習得した経験があります。英語に関しては、挫折を何度も繰り返しながらも、何年も勉強してきました。


本日の記事では「語学を学習する上で大事な心得」についてご紹介したいと思います。

 

「これから語学を真剣に学ぼうと思っている方」「語学を勉強しているけどなかなかうまくいかに方」に読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

継続する

語学学習は継続することが一番重要です。語学の習得は簡単なプロセスではありません。数日間頑張ったから話せるようになるということは絶対無理です。


継続的な努力が不可欠です。失敗やミスをしていまっても、それは成長の一環と考えて、挫折せずにやり続けるようにしましょう。


自分に合ったモチベーション維持の方法や習慣化の方法などを考えてみるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

目標を設定する

語学学習を成功させるには、目標設定が不可欠です。目標は、具体的で実現可能なものだとよいでしょう。

 

その目標を達成するための小さな目標を定め、日々達成感を得ることで、モチベーションが維持されます。

 

 

 

 

 

 

日常生活に組み込む

語学学習を日常生活に組み込むことで、自然な形で習得することができます。

 

例えば、勉強する言語で日記を書く、携帯の設定言語を変える、その言語の番組を見るなど、学習を生活に取り入れてみましょう。

 

 

 

 

 

 

リスニングと発音の重要性

言語は何より、聞いて話すことが一番重要です。リスニングと発音を重点的に練習することで、実際のコミュニケーション能力が向上します。


コミュニケーションが取れてくると、語学学習の楽しさも感じられ、同時にモチベーションも向上します。ネイティブスピーカーの発音に注意を払い、模倣することが大切です。

 

 

 

 

 

 

とにかく実践

言語は実践で身につきます。つまり、実際に話すことが重要です。オンラインでネイティブのレッスンを受けたり、言語交換の場に足を運んだり、自分に合った実践方法でよいので、学んだことを実践していくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

文脈を理解する

単語や文法の学習だけでなく、言語の文脈を理解することが重要です。言葉の意味や使い方が文脈によって変わることを理解することが言語スキル向上につながります。

 

 

 

 

 

 

異文化理解

言語は文化と深く結びついています。学習言語の文法や単語の知識も重要ですが、そればかりに目を向けるのではなく、文化や慣習にも興味を持ち、理解することで、より豊かなコミュニケーションが可能になります。

 

 

 

 

 

 

多様なツールを利用

書籍、アプリ、オンラインコース、映画、音楽など、多様なツールをうまく活用して学ぶことが語学学習を成功へと導いてくれるでしょう。


スマフォが普及してから、語学学習はかなり容易になったと思います。アプリや動画配信サイトを利用すれば、様々な言語の音声や音楽、動画などが無料で簡単に手に入ります。


この恵まれた環境下で、自分に合ったツールをうまく使いこなせば、興味を持ちながら幅広い言語スキルを身につけることができます。

 

 

 

 

 

 

 

楽しみながら学ぶ

語学学習は楽しい体験であるべきです。好きなトピックや興味を持つ要素を学習に組み込むことで、楽しみながら学習できるのと同時に、モチベーションを高く維持することもできます。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。本日の記事では「語学を学習する上で大事な心得」についてご紹介させていただきました。

 

語学学習を頑張っているという方は、できるものから挑戦してみてください。きっと語学習得までの助けになることでしょう。

 

今後も語学に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

アメリカ英語とイギリス英語の違い

英語学習者が必ず一度はぶち当たる疑問のひとつ

アメリカ英語とイギリス英語って何が違うの?」

 

そんな疑問をお持ちの方のために、本日の記事ではアメリカ英語とイギリス英語の違い」を簡潔にまとめてみたいと思います。

 

 

 

 

 

スペルの違い

アメリカ英語とイギリス英語ではスペルが違う単語がいくつかあります。代表的なものをいくつかご紹介します。

 

center(米) → centre(英)

letter(米)→ lettre(英)

organize(米)→ organise(英)

color(米)→ colour(英)

pediatric(米)→ paediatric(英)

catalog(米)→ catalogue(英)

canceled(米)→cancelled(英)

 

 

 

 

 

発音の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、発音に関してたくさんの違いがあります。代表的な違いとして、「Tの発音」「Rの発音」「Aの発音」があるので、ご説明させていただきます。

 

 

Tの発音

イギリス英語では「T」の音をはっきりと発音するのに対し、アメリカ英語では「T」が「R」に近い発音になります。


Water:ウォーター(英)、ワーラー(米)

 

 

 

Rの発音

「R」はアメリカでは舌を巻いた音になりますが、イギリスでは母音の後にくる「R」は発音されません。


例えば、carは、アメリカでは平たくいえば「カール」のように聞こえますが、イギリスでは「カー」のように聞こえます。

 

 

 

Aの発音

「A」の発音は、イギリス英語は「ア」、アメリカ英語は「エィ」と発音します。

Tomato:トマト(英)、トメィト(米)
Can:カン(英)、キャン(米)

 

 

 

 

 

単語の違い

イギリス英語とアメリカ英語では、使われる単語自体が異なるものもたくさんあります。代表的な例をご紹介いたします。


秋    Autumn(英)    Fall(米)

映画    Film(英)    Movie(米)

サッカー    Football(英)    Soccer(米)

エレベーター    Lift(英)    Elevator(米)

アパート    Flat(英)    Apartment(米)

お札    Note(英)    Bill(米)

タクシー    Taxi(英)    Cab(米)

 

 

 

 

 

日常の表現の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、 一般的に使われる日常の表現にも違いがあります。
例えば、「I have a question」(アメリカ英語)「Have you got a question?」(イギリス英語)などが挙げられます。

 

 

 

 

 

単位の違い

 距離や重さの単位が異なります。例えば、アメリカでは「mile」や「pound」が一般的ですが、イギリスでは「kilometer」や「kilogram」がより一般的です。

 

 

 

 

日付の表記

日付の表記が異なります。アメリカでは「月/日/年」の順番が一般的ですが、イギリスでは「日/月/年」の順番が一般的です。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。アメリカ英語とイギリス英語の違い」について理解していただけたでしょうか。

 

ちなみに、世界的にはイギリス英語の方がよく使われているようです。主要な英語ネイティブ国である、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスでは、アメリカ以外はすべてイギリス英語が使われています。

 

参考になれば幸いです!今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆

【ネイティブに近づく裏技】重要英単語5つを使いこなそう

本日の記事では使いこなすとグッとネイティブに近づくことができる5つの英単語について解説したいと思います。

 

「英会話のレベルを上げたい方」「ネイティブにも自然に聞こえる英語を学びたい方」に読んでいただけたら嬉しいです!

 

 

 

 

after

Afternoon(午後)
after dinner(ディナーの後で)
after school (授業後)

 


“After”は「○○の後で」という意味で用いられます。比較的イメージがしやすい使い方ばかりしがちですが、「After you (お先にどうぞ)」「look after (お世話をする)」というフレーズもネイティブの間ではよく見られます。


以下のような会話でAfterを使いこなすことで、よりネイティブに近づけるでしょう。


Can you look after my dog while I am traveling?
私が旅行に行っている間、犬の世話をお願いできますか?

 

 

 

 

 

 

free 

Free Wifi(無料のWifi
Alcohol free(アルコール禁止、アルコールの入っていない)
Smoke free(禁煙)


“Free”は「無料」という意味のイメージが強いと思いますが、他に「〇〇がない、ゼロの」という意味もあります。


最近の健康ブームで「Dairy Free(乳製品抜き)」「Gluten Free(グルテンフリー)」などアレルギー対応の食品もよく目にします。


ネイティブにはとてもなじみのある使い方なので、覚えておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

good

Good for you(よかったね!おめでとう!)
Good of you!(えらいね!)
Good on you!(よくやった!でかした!)

 

「よい、好ましい」という意味の“Good”という単語は皆さんご存知だと思います。しかし、これら3つのフレーズを使いこなせている人は意外と少ない印象です。


これら3つのフレーズは似ていますが、意味にはっきりとした違いがあります。


「Good for you」は自身の努力などで起きたことではなく、ラッキーなことがあったとき、「Good of you!」は話し相手の行動や決断をほめるとき、「Good on you」はなにか良いことをしたとき、良い結果や成果を挙げたとき相手をほめるときに使われます。

 

 

 

 

 

 

see

“See”は「見る、見える」という意味のほかにも、「分かる、理解する」という意味もあります。
何かの説明を聞きながら、Yes, Yesと相づちを打つより、ところどころで「I see.(なるほど)」を使うとより自然に聞こえます。


また、seeには「付き合う」という意味もあり、「Are you seeing anyone?(誰か付き合ってる人いる?)」と表現することができます。

 

 

 

 

 

 

make

Finally, I made it!(ついに、できた!)
We made it!(間に合った!)

 

“Make”は、学校では「作る」という意味で習ったと思いますが、ネイティブの会話の中ではそれ以外の意味で使われる場合がよくあります。


“Make”は「できる、成し遂げる」という意味や、乗り遅れそうと思った電車などに「間に合う」という意味でもよく使われます。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。本日の記事では「ネイティブに近づく重要英単語5つ」をご紹介いたしました。これらの単語をうまく使いこなせば、英会話レベルがグッと上がることでしょう。

 

今後も英語に関する役立つ情報をお届けいたします~☆