語学キング

語学マニアが最強の勉強法を伝授します

バンコクの三大寺院の観光情報【寺院周辺での詐欺に注意!!】

タイの首都バンコクの観光スポットである王宮周辺には、多くの寺院が立ち並んでいます。寺院の中でも最も有名なのが「ワット・プラケオ」「ワット・ポー」「ワット・アルン」の三大寺院です。

 

本日の記事ではこの三大寺院の観光情報や、観光するにあたっての注意事項も併せてご紹介したいと思います。


また、本日ご紹介する内容は2022年2月現在の情報です。特に入場料は昔の記事だと異なるものもあったので時期によって変動するのかもしれません。行く際は最新の情報を調べるようにしてください!

 

 

 

ワット・プラケオ(Wat Phra Kaew)

www.royalgrandpalace.th


ワット・プラケオは「王宮」「グランドパレス」、「エメラルド寺院」などとも呼ばれています。タイで最も格式が高く、金の装飾が施されたとても美しい寺院です。

 

 

 

アクセス方法

 

水上バス

バンコク中心部の「サトーン船着場(sathorn / Taksin)」から「ターチャン船着場(Tha Chang)」まで水上バスで約30分。「ターチャン船着場(Tha Chang)」からワット・プラケオまでは徒歩で約3分です。

 

電車

MRTサナームチャイ(Sanam Chai)駅から徒歩10分

 

 

入場料 

入場料は500バーツで、外国人は入場の際パスポートが必要とのことです。

 

 

 

営業時間

営業時間は 8時30分〜16時30分 までですが、 チケットの販売は15時30分までです。また王室関連の行事があると休館になることがあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

 

 


ワットポー(Wat Pho)

f:id:Natsbar:20220216232650p:plain

f:id:Natsbar:20220216232731p:plain


「ワットポー」は横たわる黄金の涅槃仏で有名なバンコク最古の寺院です。タイ古式マッサージの総本山となっており、敷地内ではマッサージを受けることができます。

 

 

 

アクセス方法

 

・ワット・プラケオから徒歩(約10分)
・地下鉄 サナームチャイ駅(Sanamchai)から徒歩(約5分)
・ターチャン船着場(tha Chang)から徒歩(約10分)

 

 

 

入場料

入場料は200バーツです。お金を払うとQRコードのついたチケットを渡され、目の前にある自販機にそのQRコードをかざすことで水のペットボトルが無料でゲットできます。

 

 

営業時間

ワットポー自体の営業時間は8:00~18:30ですが、涅槃像で有名な「礼拝堂」は8:30~16:00、マッサージは8:00~17:00になります。

 

 

ワット・アルン(Wat Arun)

f:id:Natsbar:20220216232229p:plain

www.watarun1.com


ワット・アルンのアルンとは「暁」という意味で暁の寺とも呼ばれています。三島由紀夫の小説「暁の寺」に登場する寺院でもあり、タイ仏教よりもヒンドゥー教色の強い寺院です。

 

 

 

アクセス方法

BTSサパーンタクシン(Saphan Taksin)駅の「サトゥーン船乗り場」から 水上バス (約20分)
・ワット・ポーから渡し舟(約5分)
ブルーラインのイッサラパーブ(Itsaraphap)駅から徒歩(15分)

 

 

 

営業時間

8:00~17:30

 

 

 

入場料

外国人の入場料は50バーツです。ここでも入場料を払うと水がもらえます。

 

 

 

詐欺に注意!!

私はこの三大寺院付近で軽い詐欺にあったのでその体験をシェアさせてください。


ワットポーに徒歩で向かっている時、入り口が分かりにくかったため、売店にいたおじさんに道を聞きました。ワットポーに行きたいと言うと、「ワットポーは今お祈りの時間だから入れない、2時間はかかるからその間に他の寺にトゥクトゥクで40バーツで連れてって上げる」というようなことを言われました。

 

私が他のお寺も近くにあるから、ちょっと歩いて散策してみると言って逃げようとしても「ワットアルン行きの船もコロナで今動いてないからタクシーで行く必要がある」などといわれ、なかなか離してもらえませんでした。

 


最終的に若干キレながら「お願いだから一旦開放して!!タクシー必要になったら帰ってくる」といって逃れることができました。

 


その人に言われて正直はじめは「お祈りの時間」というのがあるのかもと少し信じてしまっていました。しかし、ワットポーはすぐそこだったため一応行ってみると、普通に入ることができ、お祈りの時間クローズするという事実はありませんでした。

 

その後、ワットアルン行きの船がコロナで運行していないというのも嘘だとわかりました。

 

 

あんなワットポーの目の前で言われると「ホントなのかな」「むしろ施設の人なのかな」とも思ってしまうこともあると思います。また、日本人的常識だと堂々とすぐばれる嘘なんてつかないだろうと思いがちですが、タイでは違います。

 

 

その人がトゥクトゥクでいくつか寺を周ると提案してきたのですが、その額が2時間で40バーツとなかなかの安さだったのもすごく奇妙でした。お金をぼったくるつもりではなく、わざと安くして乗るように仕向け、どこか危ない場所へ連れていかれるかもしれません。

 

 

三大寺院へ観光に行くときは皆さんもご注意ください!!

まっぷる タイ・バンコク'21【電子書籍】[ 昭文社 ]

 

地球の歩き方 D18 バンコク 2021-2022【電子書籍】[ 地球の歩き方編集室 ]

 

CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せるタイ語会話 [ 欧米・アジア語学センター ]

 

【POD】ゼロからスタート! タイ移住サバーイマニュアル [ 桐越舞子 ]